投稿

イメージ
 10月中旬よりワシントンDCに駐在している原田です。年末までの2ヶ月半と短い期間ですが、よろしくお願いします。今朝は5度、いきなり寒くなったなあという感じでしたが、写真のように天気は良くて気持ちが良いです。 (写真はかの有名な(?)旧トランプホテルです。) さて、日本でも入国制限が一段と緩和されるなどアフターコロナの雰囲気が感じられてきたものの、まだ海外に頻繁に行っているという方は多くないのではないでしょうか。出国・入国の際の手続きは?飛行機の中は?街の様子は?気になる現在の海外渡航の様子をお伝えできたらと思います。 ■出国 現在アメリカ入国には原則としてワクチン接種2回以上(海外渡航用)と宣誓書が必要になります。出国の手続きの際に、ワクチン接種証明書の提示をし、宣誓書を提出し、ESTA申請済か聞かれました。平日だったからかもしれませんが、チェックインをするフロアは閑散としていました。日本国籍ですと出国も基本的に機械で行われるため、なんと空港に入って30分程で搭乗までの手続きが終了してしまいました。 ■飛行機内 日系の航空会社だったためか、マスク着用を促されました。食事が終わる頃に、食事後にはマスクかフェイスカバーをするようにアナウンスが流れました。乗客のほとんどが日本以外のアジア系だったのはこのせいだけではないと思いますが、欧米の方には嫌煙されそうな運用だなあと感じました。一転、シカゴからの乗り継ぎ便では、マスクをしている人が稀という状況でした。 ■入国 シカゴでの乗り継ぎ前に一旦入国手続きをして、荷物を受け取ってから乗り継ぎ便にチェックインする必要がありました。最初の便が遅延したため、乗り継ぎ時間がタイトな上に予定していたターミナルと変更になり、少々焦りましたが乗り継ぎ便も遅れたため、なんとか間に合いました。後で気づいたのですが、シカゴ-DC間はかなりの頻度でフライトがあるようなので、乗れなくても次の便にのるだけだったかもしれません。 入国手続きは思ったよりスムーズでした。入国審査官は怖い顔をした男性でしたが、目的、職業、滞在期間と帰りのチケットを取ったか聞かれ、顔写真と指紋を登録して終了でした。職業をJapanese Patent Attorneyと答えたらJapanese Whaaat?と聞き直されたことと、次のポイントで見せるようにと渡された紙がアラビア
 2022年7月、創英国際特許法律事務所(以下、「創英」)は米国に新オフィス(SHIPWAY IP)をシアトルに開設いたしました。創英は、既にワシントンD.C.にオフィス(SOEI USA)を設立しており、新オフィスは米国で二か所目の拠点オフィスになります。 創英は、これまでワシントンD.C.オフィスに短期での駐在派遣を実施してきました。残念ながら、ここ2年はコロナの影響で一時的に駐在派遣を停止していましたが、今年の10月から、この短期駐在派遣も再開されました。 また、今後は、新たに長期の駐在者を新オフィスに派遣し、継続的、かつ安定的に米国特許実務情報を収集し、学び、知識として共有していく取り組みを実施していきたいと考えています。 創英は、これまで「続・DC弁理士ジャーナル」という形で駐在者が米国駐在での体験、知見、苦労などを発信してきました。短期駐在派遣も再開され、また、新オフィスが開設されたこのタイミングにて、気分一新、今後は、このブログを通じて米国の各オフィスのメンバーまたは短期/長期の駐在者が情報発信していけたらと考えています。よろしくお願いいたします。 SHIPWAY IP 駐在予定(第1号):西本博之